2015年07月07日

ラツコヴィッチ展 


今年のラツコヴィッチ展は、はじめての茅ヶ崎での開催です。
四季「夏」の赤、祭り、音楽をテーマとした作品が展示されます。
機会がありましたら是非お出かけください。

クロアチアのナイーブアート
イワン・ラツコヴィッチ展
−四季「夏」に見る赤の魅力と祭りへの想い−

2015 年7月26日(日)〜8月9日(日)11:00-18:00 ※ 月・火は休廊(7/27-28 8/3-4)
CREATIVE SPACE HAYASHI 253-0055 神奈川県 茅ケ崎市中海岸1-4-48
(JR茅ヶ崎駅南口から徒歩8分)

クロアチアの著名な画家イワン・ラツコヴィッチは、生まれ故郷の風景とそこに暮らす人々の静かな営みを、生涯描き続けました。確かなデッサン力に裏打ちされたペン画は世界的に高い評価を受け、詩的で独創的な数多くのガラス絵や水彩画を生み出しました。一人でも多くの方にお越しいただき、ラツコヴィッチ作品の魅力に触れていただければ幸いです。本展では、ガラス絵、ペン画、水彩画約25点を展示します。   ラツコヴィッチ・アート・ジャパン代表 山崎富美子

ラツコヴィッチ・ アート・ジャパン
CREATIVE SPACE HAYASHI(クリエイティヴスペース ハヤシ)

lac2015b.jpg
 ポスター
lac0528.jpg
 案内状


CREATIVE SPACE HAYASHI(クリエイティヴスペース ハヤシ)は2013年10月にオープンしたギャラりーで、隣接する敷地内には大正時代に建てられたオーナー林さんのご実家の建物が大切に残されています。
オープニングには、CREATIVE SPACE HAYASHIを立ち上げるまでの軌跡を、ご家族の写真を通して紹介する写真展を開催されたそうです。

P1150215.jpg

P1150216.jpg

P1150216b.jpg

5月初めて伺った時の、脇もとこさんのセレクトショップ「HOME」展の様子と、手入れされた気持ちのいい庭。帰りには庭に咲いていたオーストラリア原産の花の小枝をお土産にいただきました。

P1150227.jpg

P1150211.jpg

P1150223.jpg

ハラ ミュージアム アークとアーツ前橋 6月
P1150456.jpg

P1150453.jpg

P1150469.jpg
オラファー・エリアソン(Olafur Eliasson,1967-) ≪Sunspace for Shibukawa, 2009≫

P1150467.jpg
同上

P1150466.jpg
同上

P1150463.jpg
同上

P1150457.jpg
同上 天井のレンズをとおした太陽光が内部に虹を作り出す。季節・時間・天候によって現れる光は表情を変える。

posted by norno at 15:26| 美術

2015年05月04日

人の速度で歩く

昨年の11月、18年間一緒に散歩をしていた愛犬が亡くなってから、まだ若くて遠出ができた頃の散歩道を夫と一緒に週末毎に歩いてみました。住宅地や川沿いの公園など、10キロくらいは平気で歩いた散歩道がいくつもあり、そういえばあの頃はこうだったねといろいろなことを思い出しながら歩きました。そのコースを歩き切ってしまってからは、まだ行ったことのない目的地を設定して歩くことにしました。
気持ちの良い晴天の一日、杉並区〜中野区〜練馬区と歩いて、板橋区にまたがる都立城北公園まで行って来ました。

P1140915.jpg
古い商店街の履物やさん

P1140914.jpg
履物やさんの隣の魚屋さん

P1140913.jpg
魚屋さんの隣は閉じた写真館

P1140910.jpg
ここで記念写真を撮った家族の写真。色褪せたプリントの中で時間が止まっています。

P1140909.jpg
こちらも・・・

P1140978.jpg
個性的な面々のフィギュア

P1140922.jpg
氷川神社 江古田

P1140931.jpg
目の上に緑のアイシャドウ?

P1140926.jpg
実は動く青虫。この狛犬は青虫だけでなく蜘蛛の巣やら枯葉やらいろいろ付いています。

P1140943.jpg
子どもたちのGW。この背後にある江古田の森公園の大きな木々の新緑も素晴らしかった。

P1140946.jpg

P1140951.jpg
江古田の森公園の北側の江古田川の橋に、<江古田獅子舞巡行絵巻>が描かれた陶板がありました。江古田獅子舞は中野区の無形文化財で、この絵は江戸時代後期の絵巻物に描かれているそうです。三匹の獅子、ささらをする花笠役、方角をあらわす四神(朱雀、青竜、玄武、白虎)の笠を被った役、市女笠の笛方など、華やかさと格式が感じられます。
現在も毎年10月の第一日曜日に獅子舞巡業が行われているそうです。
文化遺産オンライン
http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/175684

P1140968.jpg

P1140980.jpg

P1140982.jpg
儚げな影

最終目的の城北公園はちゃんとした公園設計がなされていないようで、残念ながら広さも生かされず今一つ中途半端な公園でした。園内の打ち捨てられた小さなプールに枯葉や土が溜まり、その周辺に冗談のように<癒しの庭>と言う看板がありました。

posted by norno at 00:17| 散歩

2015年04月20日

今日の散歩

かつて権現道(ごんげんみち)と呼ばれた古くからある道を歩き、北の終点の練馬区円光院へ。
山門脇には何体ものお地蔵さま。

P1140868.jpg

P1140874.jpg

P1140888.jpg
三猿(見ざる聞かざる言わざる)の上にいらっしゃるのはどなたでしょうか。

円光院を出てさらに北上。屋敷森に囲まれた光が丘美術館に隣接するお蕎麦屋さんでお蕎麦を食べ、光が丘公園を散策。雨上がりの曇り空ながら、緩い起伏の公園の木々の新緑は瑞々しく落ち着いた美しさでした。公園の中にはバードサンクチュアリの一角があり、観察舎から望遠鏡で目の前の池の鳥たちの様子を観察できます。今日はカイツブリのカップルが、水面に枯草や枯葉を集めて作った巣で交代で抱卵する様子を見ることができました。水草の間に隠れて、くるくると首を動かしながらあたりの様子を見ている鳥の様子が手に取るようにわかり、バードウオッチングはかくも楽しいものかと少し感激しました。
帰りは電車に乗りましたが、10〜11qくらい歩いたようです。

P1140897.jpg

P1140899.jpg

子どもたちが遊んだあと。
ここはNPOの管理の元、穴を掘ったり木に登ったりできる場所のようです。
楽しさが伝わってきますね。
P1140892.jpg

P1140891.jpg

P1140895.jpg

P1140893.jpg

posted by norno at 00:54| 日記

2015年04月19日

15周年

2000年にオープンした近隣のホール&ギャラリーが今年で15年目を迎えました。
シンボルツリーの八重桜が今年も華やかに咲き誇り、夜間のライトアップに映え見事です。
15年は決して短くはありません。この環境を維持してくださった館長さんに感謝の気持ちを伝えました。

SN3V0007.jpg

posted by norno at 22:45| 日記

2015年03月26日

東京都現代美術館


ガブリエル・オロスコ展−内なる複数のサイクル
写真撮影が可能な展覧会。高い天井から自然光が入り、広々とした空間がとても美しいのです。
天井に取り付けられたファンの羽にトイレットペーパーが乗っかり、一緒にくるくる回っています。おおらかでユーモラスな作品です。写真、オブジェ、石彫、タブローと作品の形態はいろいろですが、どれも見ることの楽しさを発見させてくれます。
特に新聞のスポーツ写真に、あるルールに従って分割された円や楕円を重ねた作品は、時間が分断されたようなムーブマンが生まれていて実に不思議な感じがします。

P1140790.jpg

P1140792.jpg

P1140793.jpg

P1140816.jpg

P1140817.jpg

P1140818.jpg


菅 木志雄  置かれた潜在性
かつて、概念的な思考とものの物質性を際立たせた(ように思っていた)作品(行為)を、今実際に見たらどんなふうに見えるだろうと少し興味がありました。この展覧会は写真撮影不可でしたが、建物の中から外を撮ったこの1枚はOKかな?ほかは図録から。
展覧会のタイトルも作品タイトル(依存差とか多分律とか介入差)も硬いのだけれど、木片やビニルやワイヤー、石、パラフィンなどが見せるそれぞれの物質の持つテクスチャーはとても魅力的で、空間構成のスタイリッシュささえも、この作家の本来の資質だったのではないかと思えてきました。
枯山水に本気の遊びを加えたような楽しさでした。

P1140804.jpg

P1140819.jpg
図録表紙

P1140827.jpg
図録より

P1140822.jpg
図録より

P1140823.jpg
図録より

カフェに行く階段のガラスにリズミカルな建物の一部と外の景色が映りこんでいます。
現美は楽しめる場所のひとつ。
P1140802.jpg

恵比寿映像祭

SN3V0005-20150306.jpg

posted by norno at 19:28| 美術

旅に憑かれる

今年のラツコヴィッチ展は、7月後半から8月にかけて、茅ヶ崎の<CREATIVE SPACE HAYASHI>で開催していただくことになりました。

先週ラツコヴィッチ・アート・ジャパンのYさんとギャラリーを訪ねる予定でしたが、10年ぶりくらいの重〜い腰痛がやってきて訪問は延期となってしまいました。
ギャラリーでちょうど開催されていた、写真家/竹沢うるまさんの展覧会を見るのも楽しみにしていたのでとても残念でした。竹沢さんは毎年我が家で利用しているJVC(日本国際ボランティアセンター)のカレンダーの今年の写真を撮った写真家です。JVCのカレンダーは、今までもよい写真はいろいろありましたが、今年は特に色彩が独特で強い印象が残っていました。
2010年から3年近くをかけて103ヶ国を巡って撮った写真は、<Walkabout>という写真集として出版されているというので早速図書館で借りました。また今年の2月には、写真集と対になる、文章がメインの<The Songlines>も出版されていたので、こちらも併せて読みました。
<The Songlines>からは、アマゾンでのシャーマンとの出会いと深い精神世界の体験(旅の出発から読んでいくと、この体験は決して唐突な感じはしません)、厳しいアフリカの環境のなかで生きる子供たちのすがたや東チベットの政治的にも厳しい現実など、旅行者のリアルな実感が伝わってきましたが、私が一番印象に残ったのは、世界には旅人と呼ばれる人たちが多く点在していることでした。そして著者自身が、旅を終えるタイミングの難しさを何度も言及していたことです。「もう十分に世界を見た(旅を生きた)」という実感が、旅を終えることを促すのですが、それがないと憑かれたように生と死ぎりぎりの状況にまで近づいてしまうか、あるいはぼんやりと旅人を続けてしまうというのです。旅行は場所や目的・時間が限定された日常の続きを意味しますが、旅(たび)はもっとあいまいで自由な経験を指すように思えます。しかしこの本を読むと、旅のもつ本質を考えさせられます。旅の本質は、憧れ、恐れ、孤独、迷い、決断、歓び、生と死のあわい(間)に時間を刻む私たちの人生をとても色濃く映しているものだと。

ちょうど2週間ほど前、2年近くをかけて世界を回って帰国した元クラスメイトに会い、写真を見ながら話を聞いたこともあって、竹沢うるまさんの2冊の本もリアリティがありました。
元クラスメイトの旅は、その都度各国のツアーを利用しながらの旅行なので、一人旅の竹沢さんとは違いますが、それでも4カ月をかけてトラックなみのバスでアフリカを縦断し(ツアー参加者が交代で食事を作りテントで泊まる)、中米を路線バスで移動し、一人でカナダをバスで横断し、7カ月をかけて南米大陸を1周した旅(こちらも参加者自炊・テント泊)は、語りつくせない経験のはずです。自分は冒険家ともいえないし、写真家でもないけれど、哲学者とは言える。アフリカと南米を知れば、誰もがゲバラだけが特別な革命家だとは思わなくなるだろう。貧困が犯罪を生むわけではない、格差が犯罪を生む・・・と話す元クラスメイトのことばに、ただただ頷きました。

腰痛は、病院か整体院か迷った末に行ったいつもの整体院で施術をしてもらい、だいぶ楽になりました。
posted by norno at 16:54| 写真

2015年03月05日

3月

やはり春の光です。

P1140559.jpg

P1140553.jpg

P1140581.jpg

P1140590.jpg
posted by norno at 11:15| 季節

2015年02月23日

展覧会『音楽をはこぶもの』終了しました

昨日、展覧会『音楽をはこぶもの』が終了しました。
お運びいただいたみなさまありがとうございました。
展覧会の様子は、追ってアップしていきます。
先ずはお礼申し上げます。

P1140307.jpg

P1140427.jpg

posted by norno at 11:03| デザイン

2015年02月20日

ギャラリーへの道


案内状の地図が小さいため、ご不便をおかけいたしております。
下記の地図の点線通りにおいでいただくと、ギャラリーはJR御茶ノ水駅から5分ほどのところにあります。
看板、入り口のアーチ、階段を下りていただくとギャラリ−の入り口です。

ご来廊をお待ちしております。

1fDMss.jpg

P1140320.jpg

P1140322.jpg

P1140316.jpg

posted by norno at 10:57| デザイン

2015年02月19日

主役は音楽

昨日、今日と冷たい雨の一日でしたが、初日から何人もの方がギャラリーにお越しくださいました。
久しぶりにお目にかかる方、初めてお目にかかる方、それぞれの方とお話をさせていただきいろいろな質問や感想をいただきました。
展示しているCDの楽曲を会場内に流していますが、デザインワークとリンクする形で選曲することができますので、CDデザインと併せて収録されている曲を聴いていただいています。
無音のギャラリーは視覚的な情報に溢れかえっているように感じられますが、音楽が流れると展覧会の主役はやはり音楽だと感じます。

P1140292.jpg

P1140298.jpg

P1140264.jpg

P1140275.jpg
↑こちらのモニターで選曲できます。
P1140280.jpg
↑デザインプロセスのアートワークと試作です。

お運びいただいた方には、是非ゆっくり演奏もお楽しみいただきたいと思います。
posted by norno at 01:11| デザイン