2013年05月25日

ドゥブロヴニク 1

カメラの設定を間違えて撮ってしまったため、そのまま放ってあった3月のクロアチア旅行の写真が何十枚かありました。
思い立ってPhotoshopでいろいろ補正を試みてみると、色が蘇ってきてました。
シャッターを切ったときの気分もかなり鮮やかに蘇りました。

クロアチアの最南端の街ドゥブロヴニクは、アドリア海沿岸の中でも屈指の観光地ですが、全長約2kmの城壁に囲まれた中世の街並みが残る旧市街には、まだ多くの人たちが住んでいます。細い路地に誘われるように入ると、日常生活が垣間見えてきます。

P1060689.jpg
ちいさな子どもの洗濯物と陽射しが穏やかな日常を思わせます

P1060698.jpg
奥の門扉を進むとどんな住まいがあるのかしらと想像してしまいます

P1060697.jpg
これは梅の花に似ていました

P1060711.jpg
狭い路地で上を見上げると、洗濯物とロープが大胆に連なっています

P1060663b.jpg
あんな高いところに植木鉢が・・・

dub09.jpg
城壁の遊歩道から見た旧市街とアドリア海
旧ユーゴスラビアの崩壊とクロアチア独立に伴う紛争で、ドゥブロヴニクは1991年から数ヶ月にわたり砲撃を受け街は大きな被害を受けました。今はすっかり修復が進んでいます。
posted by norno at 01:44| 旅行