2014年09月23日

美術館

ある日の木場の東京都現代美術館。
ここでの企画展は印象に残るものが多い。
フセイン・チャラヤン展やフランシス・アリス展・・・

P1110421.jpg

珍しく原美術館。
アート・スコープ 2012-2014―旅の後もしくは痕 7/12-10/13

DSC09546.jpg

恵比寿の東京都写真美術館は間もなく改修のためしばらく休館になるが、ここの展覧会もとてもいい。
映像作品を見るのは時間がかかるけれど、それだけの価値のある体験をすることができる。
フィオナ・タンの作品展もそのひとつだった。

P1130490.jpg

posted by norno at 18:03| 美術

愛犬18歳

今年の8月で動物愛護センターからやって来た我が家のmix犬は18歳になりました。
もう7月から自力では歩けませんが、夫のお手製歩行器(食卓用のワゴンを改造)にぶら下がり室内をくるくる移動できるようになりました。食事は人の手からでないと食べられません。水は自分で飲みますが、うっかりすると鼻まで水没してしまうので要注意。寝たきりにならないようにすると、犬のQOLも変わってくるのでしょう、以前と変わらない屈託のない表情です。
欠伸している写真の顔の横にあるのは前足ではなく後ろ足。背骨がずいぶん曲がっているので、抱くとこんな風に後ろ足が顔の前まできてしまいます。

pikata.jpg

犬との散歩が無くなると歩くことが極端に減ってしまうので、一緒に歩いた散歩コースをひとりで歩いてみました。
この空き地は空が広くて気持ちがよかったので、遠出ができなくなってからもここまではよく歩きました。生い茂った草の中から、柔らかい虫の音がコロコロと何とも優しい音色で聴こえてきます。
SN3V0004.jpg

この木は驚くほど大きく美しい樹形のクスの木でしたが、公園整備に伴ってずいぶん枝を落とされてしまいました。夏の日は、風が通り過ぎると無数の乾いた葉擦れの音が降り注ぎ、よく立ち止まって聞いたものでした。残念ですね。
SN3V0009.jpg


posted by norno at 17:42| 日記