2014年08月25日

ある農事組合法人の風景(8月)

懲りずに今月も定点観測。

SN3V0002.jpg

P1130464.jpg

P1130467.jpg

posted by norno at 23:24| 季節

8月の風景

夕方、窓の外が突然燃えたような色に変わる。
慌てて外に出てみると、空には千切れたような雲や赤く染まったねじれたような雲。
連日広島の土砂災害の報道が続いていた。

P1130433.jpg

P1130437.jpg

P1130432.jpg

P1130406.jpg
posted by norno at 23:14| 季節

8月の風景

年とった人との暮らしで寝不足を避けるには、自分も早寝早起きをするしかありません。
朝6時前に散歩に出ます。

SN3V0024b.jpg

SN3V0023.jpg

SN3V0015b.jpg

SN3V0014.jpg
posted by norno at 23:02| 季節

2014年08月13日

水と緑と夏の空

日差しは容赦ないけれど、草や木々が繁茂するところは麗しい風が汗を乾かします。
まさしく田舎の夏休み!!

P1130361.jpg

P1130375.jpg

P1130379.jpg

何十年ぶりかで母校の中学校の近くを通り隣接する古い神社で写真を撮っていると、吹奏楽部の練習が聴こえてきました。かつて自分も夏休みの練習に通ってクラリネットと格闘していたことを鮮明に思い出しました。
ちょうどクロアチアから帰国した友人からメールがあり、木陰で返信を書いていると、背後からこんにちはという声。そして私の傍らを手足がすらりと伸びた中学生の男の子が自転車で過ぎていきました。
14.5歳の自分が一瞬顔を出して、それから年を取ることはロマンチックなことでもあるなと思いました。

P1130388.jpg

四国・近畿地方で台風11号が猛威を振るっていた頃、北日本はまだ静かでしたが、不穏な雲が空を覆っていました。湖面はまだ鏡のように空と緑を映していました。

SN3V0015.jpg
posted by norno at 22:52| 季節

2014年08月03日

空日記

溜まった写真から。

SN3V0011.jpg
荻窪(5月)

SN3V0019.jpg
上越(7月)

SN3V0022.jpg
上越(7月)

SN3V0013.jpg
上越(7月)

SN3V0026.jpg
六本木(8月)
posted by norno at 22:31| 季節

ある農事組合法人の風景(6月) 1

稲の苗を育てるビニールハウスが何棟も並んでいて、入り口から中を覗くとそれぞれの表情が違う。
苗を運び出した後に無造作に置かれたビニールや捲し上げられた風よけネットの存在感。
並々ならぬエネルギーを感じて立ち止まってしまう。

P1110996b.jpg

P1110995.jpg

P1110994.jpg

posted by norno at 17:22| 季節