2018年08月04日

暑さは続く

冷房を入れる前の朝のいっとき、コーヒーを飲みながら窓際に立ってゴーヤを観察するのがささやかな楽しみの今日この頃。花が咲き始めるとシジミチョウやモンシロチョウが次々にやってきますが、花は圧倒的に雄花が多く、雄花10〜20に対し雌花は1くらいの割合です。蕾の元がすこーし膨らんだ雌花を見つけると、無事受粉して実が成長するまでが楽しみになります。

今日は全然気が付かないでいた場所に、いつの間にか成長した1.5センチほどのゴーヤの実を発見。
P1220132.jpg

こちらはまもなく収穫第一号となるゴーヤ。
P1220135.jpg


1ヶ月遅れの七夕まつり
夕食後散歩がてら出かけたので、路面のお店は一部を除いてほとんど片付いていました。

P1220127.jpg

P1220121.jpg

P1220115.jpg

P1220113.jpg

P1220110.jpg

P1220090.jpg

P1220083.jpg

P1220082.jpg

P1220086.jpg


東京都写真美術館 『内藤正敏 異界出現』展
美術館の展覧会の案内には、内藤正敏氏の写真を<現世の向こう側に幻のように浮かび上がる「異界」を発見する人>と紹介しているけれど、氏自身が語る「修験道の霊山では“視える自然”の背後に人間が意味づけた“視えない自然”が隠されている」(神々の異界)や、山々の隠された「空間思想」を民俗学で解読して、場所とカメラの方向を定め撮影する方法を「人間が一方的に自然を写すネイチャーフォトとは逆の視線」という言葉を読むと、私などはむしろ「異界」という幻を意味づける人間の精神を探る写真家のように見えてくる。

1960年代〈婆バクハツ!〉の東北の女性たちの表情は私には懐かしいが、ここガーデン恵比寿には無縁だ。
36724105_674730502866750_1432553923167649792_n.jpg
内藤正敏《お籠もりする老婆 高山稲荷》〈婆バクハツ!〉より 1969年
 東京都写真美術館ホームページより

P1220047.jpg

P1220052.jpg

P1220053.jpg


JR鶴見線 国道駅 
1930年開業以来改装されず、時間が止まったような無人駅JR鶴見線「国道駅(こくどうえき)」に4月のある日行ってみました。
東海道本線鶴見駅で降り、国道15号(第一京浜国道)を歩いて到着。
以前、廃墟のような暗い高架下にある飲み屋さんの映像を見たことがあり、近くに行く用があったので足を延ばしてみたのです。
駅の高架下が通路になっていて、近所の人たちが日常的に利用しているほか、何人かの人たちは明らかにここに写真を撮りに降りたった人たちのようでした。

この右側にたったひとつの改札口があり、Suicaも使えます
P1210904.jpg

P1210926.jpg

P1210948.jpg

「やきとり 国道下」は営業していそうです
P1210932.jpg

P1210935.jpg

P1210907.jpg

P1210928.jpg

P1210937.jpg

ホームに上がる階段
P1210950.jpg

posted by norno at 13:30| 季節

2018年01月18日

夜のトーハク


東京国立博物館(トーハク)は毎週金曜日・土曜日は21時までオープンしています。
夜の博物館は独特で贅沢な時間が流れています。
週末久しぶりのトーハクへ。
先ずは東洋館地下のミュージアムシアターで、凸版印刷制作のVR作品「風神雷神図のウラ−夏秋草図に秘めた想い−」を見て、法隆寺宝物館、そして再び東洋館へ。
東洋館は2013年にリニューアルされ、展示の仕方やライティングが劇的に洗練されました。その時以来の訪館なので東洋館は特に楽しみでした。

ライトアップされて帝冠様式が際立つ本館。
P1210504.jpg

谷口吉生氏設計の法隆寺宝物館。外から見ても中に入っても、無駄のない洗練された空間をいつも感じます。森山高至氏が『「どや建築」という病』と言う本を書いていますが、そこで語られている建築の対極にあるように思います。
P1210503.jpg

法隆寺宝物館を出ると見える表慶館のドーム。空にはオリオン。
P1210501.jpg

こちらが谷口吉生氏のお父さまの谷口吉郎氏設計の東洋館。
P1210505.jpg

東洋館の心惹かれる仏像たち。
ライティングによる陰影が仏像に複雑で奥深い表情を与えています。
P1210525.jpg

P1210516.jpg

P1210522.jpg

P1210517.jpg

P1210514.jpg

110129_1055~02.JPG

P1210527.jpg

P1210535.jpg

P1210537.jpg

P1210531.jpg

P1210541.jpg

P1210554.jpg

P1210555.jpg

P1210545.jpg

P1210562.jpg

P1210564.jpg

P1210563.jpg

表情、フォルム、衣の線、物質感、表象と意味、いつまでも見続けていたくなります。

法隆寺宝物館でも久しぶりに伎楽面に会いました。これは呉公。7世紀飛鳥時代のもの。
P1210483呉公.jpg

P1210485.jpg


東洋館でたっぷり時間が過ぎてしまって、本館は駆け足でした。


posted by norno at 00:35| お出かけ

2018年01月01日

2018年


本年もよろしくお願いいたします。 机上工房

2018newyea02r.jpg

以前近所の方から仙台風のお雑煮をご馳走になって以来、我が家のお雑煮もいくらが乗るようになりました。
P1210373.jpg

近所の神社へ初詣に。冷たい風の中で咲く紅梅。
P1210420.jpg

P1210423.jpg

P1210422.jpg

P1210424.jpg

DSC09459.jpg

posted by norno at 12:52| 日記

2017年08月10日

七夕飾り

1カ月遅れの七夕祭り。
22時、すでに閉店した商店街。風に揺れる七夕飾りがゴージャス。

SN3V0005.jpg

SN3V0007.jpg


お祭り前夜の飾り付け
大きな竹が運び込まれ葉を束ねていた紐が解かれると、笹の青い良い香りがします。

P1200053.jpg

P1200051.jpg

P1200038.jpg

P1200080.jpg

P1200065.jpg

P1200059.jpg

P1200050.jpg

P1200073.jpg

P1200079.jpg

P1200111.jpg


posted by norno at 23:52| 日記

2017年08月09日

東京都写真美術館 7月

ダヤニータ・シン展を見る。

top.jpg

P1190795.jpg

P1190803.jpg


posted by norno at 00:58| 写真

横浜美術館 6月

横浜美術館コレクション 菅木志雄作品

DSC06528.jpg

DSC06529.jpg

DSC06530.jpg

DSC06531.jpg

DSC06533.jpg

DSC06534.jpg

横浜の帰りに、代官山で開催のpeiacoさんの絵本原画展に立ち寄りました。
DSC06596.jpg


竹橋近美・山田正亮展 2月

P1180963.jpg

P1180964.jpg
山田正亮氏のアトリエの様子。作品の変遷が興味深かった。

これ以降は常設展。
すべて写真撮影可。
企画展ごとに展示内容が変わるのだが、テーマが設定されいろいろな作品に出会うことができる。
P1180978.jpg

P1180982.jpg

P1180986.jpg

P1180981.jpg

P1180992.jpg

P1180972.jpg

P1180995.jpg

P1180998.jpg

posted by norno at 00:50| 美術

2017年01月01日

新年おめでとうございます


本年もよろしくお願いいたします。  机上工房

木製鶏の玩具.jpg

毎年、年賀状には大阪府立中之島図書館の「人魚洞文庫データベース」から画像を借りていますが、上の画像は佐賀県の木製のおもちゃで、鶏の家族が何とも可愛いですね。
このほかにもとても気に入ったのが、こちらの「琉球張子玩具闘鶏」です。

琉球張子玩具闘鶏.jpg

posted by norno at 00:32| 季節

2016年12月31日

2016年記録

東京庭園美術館 10月 
≪クリスチャン・ボルタンスキー展≫

P1020093.jpg

SN3V0006.jpg

SN3V0007.jpg

SN3V0013.jpg

SN3V0015.jpg

SN3V0016.jpg

SN3V0019.jpg

DSC01578.jpg

DSC01575.jpg


ノーマン・フォスター設計の建築を訪ねる
1月、六本木ヒルズ展望台で開催されていた<フォスター+パートナーズ展:都市と建築のイノベーション>を見た直後に、偶然ある美術館のツアーに誘われ、2月ノーマン・フォスター設計の建築を見るために鎌倉を訪ねました。

3Dプリンターで作られた建築模型(フォスター+パートナーズ展:都市と建築のイノベーション展)
DSC07271.jpg

DSC07278.jpg

DSC07280.jpg

DSC07283.jpg

DSC07838b.jpg
↑ ノーマン・フォスター設計の《鎌倉の住宅》(1997-2004)(展示資料より)
所有者より鎌倉市に寄贈され、2017年鎌倉歴史文化交流センター(仮称)としてオープンする

鎌倉駅からしばらく歩き扇ヶ谷の谷戸に向かって坂を上りつめると、忽然と背の高い大理石の壁が立ち現われる。
P1170742.jpg


P1170787.jpg

P1170745.jpg

P1170774.jpg

P1170792.jpg

P1170790.jpg

P1170799.jpg

P1170801.jpg

P1170804.jpg

P1170839.jpg

P1170842.jpg

P1170807.jpg

P1170811.jpg

P1170821.jpg
厨房 家族ではなくプロの調理人が使用した。

P1170827.jpg
階段の大理石の壁には光ファイバーの灯り

P1170838.jpg

P1170824.jpg
室内のプール かなり深い

P1170828.jpg
金属の書架と机。石の床と壁。手術室のような無機的な書斎。
書物がないのでことさら空疎で冷たく感じるのかもしれない。

P1170830.jpg
どの部屋も差し込む光が印象的。

P1170881.jpg

P1170856.jpg

P1170854.jpg

P1170870.jpg

P1170883.jpg

P1170852.jpg

P1170848.jpg
谷戸の斜面には防空壕の跡ややぐら(中世の納骨窟または供養堂)と言われる穴が穿たれている。

P1170840.jpg

P1170850.jpg

P1170868.jpg

P1170862.jpg

P1170859.jpg

P1170863.jpg

周辺散策
P1170734.jpg

P1170722.jpg

P1170718.jpg

P1170714.jpg


六本木ヒルズ展望台
P1180122.jpg

2016年3月 横浜美術館
<村上隆のスーパーフラット・コレクション展>

P1170988.jpg
村上隆のコレクション キーファー作品≪メルカバ≫2010年

P1170952.jpg
同上

P1180010.jpg
コレクション ウラジミール・タトリン≪コーナー・反レリーフ≫1915年原作 1979年再制作

P1180015.jpg
コレクション クレス・オルデンバーグ≪反転Q≫1977-1988
磨き込まれたオブジェの表面に室内が映る

P1180019.jpg
同上

P1180025.jpg
同上

P1180030.jpg
同上

P1180034.jpg
同上

P1180035.jpg
同上

P1170949.jpg
横浜美術館周辺

P1170945.jpg
横浜美術館周辺

P1170942.jpg
横浜美術館周辺

P1170925.jpg
横浜美術館周辺

P1170917 .jpg
横浜美術館周辺 写真より

浜田山散歩 3月

浜田山散歩20160305DSC08312.jpg
設計事務所のアトリエ とても雰囲気のよい建物
土曜日でもたいてい仕事をしている人がいます。 

posted by norno at 23:59| 建築

2016年03月21日

一息つく


フランシス・ベーコン

0524.jpg

DSC02692.jpg

0413-5.jpg
実際の絵の前で繊細なディテールを眺め、“人を愛する”という疑似体験をした作品

posted by norno at 22:08| 美術

2016年02月24日

村上隆展 森美術館


P1170690.jpg

P1170693.jpg

P1170694.jpg

P1170691.jpg

P1170696.jpg

近美 2月

DSC08273.jpg

DSC08275.jpg

posted by norno at 00:35| 美術